てとらVTuberスクール開校します!

AIに記事を書かせてみた「バーチャルリアリティコミュニケーション」

今回は、記事を書くAIサービス「Articoolo」を利用してみたので、実際に寄稿してみた。なおこの記事の価値は1.9ドル(200円くらい)ほどで、文字数は482字。最大500文字までしか書かせることはできない。
Articooloに書かせたい記事に関連するワードを2個以上入れると数秒で生成してくれる。記事の生成は無料でできるが、全文読むには記事の購入または月額で使用料を払わないといけない。
今回は「バーチャルリアリティ」「コミュニケーション」というワードを入れた。それではさっそくAIが書いた記事を紹介する。

スポンサードサーチ

バーチャルリアリティコミュニケーション

三次元画像処理およびサラウンドサウンドを含むバーチャルリアリティ技術は、診断、治療、および医学教育においてますます使用されている。医学におけるバーチャルリアリティの最初の応用は、コンピュータ断層撮影と磁気共鳴イメージングスキャンによって生成された複雑なデータセットの視覚化を含んでいました。診断目的のためのこれらの技術の最近の応用は「仮想結腸鏡検査」であり、そこではコントラスト増強腹部CTスキャンからのデータが結腸の「フライスルー」を作るために使用される。方法論における最近の改良は、この技術の感度および特異性を結腸内視鏡検査のレベルに近づけ、そして患者は伝統的な方法よりもこの技術を好む。バーチャルリアリティもまた、恐怖症および心的外傷後ストレス障害を治療するために広く使用されてきた。この種の治療法は学術的設定において有効であることが示されており、そして現在いくつかの商業団体がそれを患者に提供している。仮想現実は、地震、飛行機の墜落事故、火災などの緊急事態に対する医療対応についての医学教育を提供するために使用されてきました。恐怖症治療の主な利点は、患者が探索できる「安全な環境」ですが、緊急時の備えの主な利点は、実際の効果的なトレーニングを行うにはあまりにも稀かまたは危険すぎるイベントのシミュレーションです。バーチャルリアリティ体験の没入型の性質は、これらのイベントに関連する緊急性やパニックの感覚を再現するのに役立ちます。バーチャルリアリティプログラムは、医療および公衆衛生の専門家を対象としたさまざまな緊急医療、大規模な死傷者、および災害対応訓練のセッションにも使用されています。ある研究では、模擬患者を使用して化学物質による大量死傷者および生物学的薬剤による犠牲者を治療するための医師訓練のためのプロトコルが開発されました。そのようなトレーニングのために標準化された患者を使用することはより現実的であることがわかったが、コンピュータベースのシミュレーションはライブトレーニングよりも多くの利点を与えた。これには、費用対効果の向上、スキルを向上させるために同じトレーニングセッションを繰り返し実施する機会、およびタイプを調整しながら、「ジャストインタイム」学習テクニックを使用し、いつでも場所でトレーニングセッションを体験できることが含まれます。さまざまな緊急対応専門家のために訓練を使用するために必要な専門知識のレベル。他にも、仮想現実を使用して主要な緊急事態のために緊急対応要員を訓練する可能性を探ってきた。彼らの目的は、現実的な緊急事態への曝露を増やして意思決定とパフォーマンスを向上させ、実際の健康上の緊急事態における心理的苦痛を減らすことでした。最近の自然災害やテロ行為の経験から、レスポンダ間の良好なコミュニケーションと調整が効果的な対応に不可欠であることがわかっています。そのような出来事への対応者は、火、警察、軍隊、および病院職員を含む多くの異なる組織から来ます。彼らはイベントが発生する前に一緒にトレーニングする機会がほとんどないかまったくないため、チームワークのスキルが不足しています。彼らがどのようなトレーニングを受けたかは、多くの場合、非常に多くの人々を特定の時間に特定のトレーニングサイトに移動させる努力と必要性が原因で、非常にコストがかかります。


k

こんな感じの記事が出来上がりました。文章自体は割としっかりしていて、普通に読めるレベルだろう。ところが、「バーチャルリアリティ」における「コミュニケーション」のあり方についての記事を書かせたかったわけだが、あまりその意図を汲み取ってもらえなかったのだろうか。バーチャルの有用性に関する記事が出来上がった。

最近日本語に対応したものの、まだベータでバージョンアップも常に行われている。「バーチャルYouTuber」などの記事も書かせてみようと思ったのだが、一般的でない単語は認識できないようだった。(ただし、「 YouTuberの仕事 」などの関連ワードは認識していた)
今後、普遍的な概念となったらArticooloもバーチャルYouTuberについて書けるようになるのだろうか。成長が楽しみだ。

スポンサードサーチ

宣伝

最後までご覧いただきありがとうございました。
ほしいものリストを公開しています。支援していただける方は下リンクからどうぞよろしくお願いいたします。

ほしいものリスト
勉強用ほしいものリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です