ガジェット実機レビューを行っています。提携やレビュー依頼も募集中です。

OnePlus 7 Pro これは最強ですわ【実機レビュー】

スポンサードサーチ

概要

ポップアップカメラを搭載したOnePlusのフラッグシップスマホです。

ナンバリング的にはOnePlus 6Tの後継機で、OnePlus 7の上位機種として出ています。

この記事は10日間使用した上でのレビューになります。

スペック

全般ブランド:ONEPLUS
言語:繁体字中国語(香港)、英語、簡体字中国語、繁体字中国語、フィリピン語、ラオス語、マレー語、ビルマ語、タイ語、ヒンディー語、インドネシア語、ベトナム語、ロシア語、カンボジア語、ホラ語、フランス語、ネパール語、ベンガル語、ドイツ語、オランダ語、ポルトガル語、スペイン語、イタリア語、ウルドゥー語、アッサム語、オリヤ語、サンスクリット語、グジャラート語、カンナダ語、マラヤーラム語、メティリ語、ビルマ語、韓国語、日本語、ポーランド語、ギリシャ語
OS:Android 9.0
サービスプロバイダ:Unlocked
SIMカードスロット:デュアルナノSIM
SIMカードタイプ:デュアルナノSIM
タイプ:4G Phablet
ハードウェアCPU:クアルコムSnapdragon 855
コア:2.84GHz、Octaコア
外部メモリ:未サポート
GPU:Adreno 640
RAM:8GB RAM
ROM:256GB
ネットワーク2G:GSM 1800MHz、GSM 1900MHz、GSM 850MHz、GSM 900MHz
3G:WCDMA B1 2100MHz、WCDMA B19 850MHz、WCDMA B2 1900MHz、WCDMA B4 1700MHz、WCDMA B5 850MHz、WCDMA B8 900MHz、WCDMA B9
ネットワークタイプ:CDMA、FDD-LTE、 GSM、TD-SCDMA、TDD-LTE、WCDMA
WIFI:802.11a / b / g / n / acワイヤレスインターネット
ワイヤレス接続性:2.4GHz / 5GHz WiFi、A-GPS、GPS、GSM、LTE、WiFi
CDMA:CDMA BC0 / BC1
TD-SCDMA:TD-SCDMA B34 / B39
4G LTE:FDD B1 2100MHz、FDD B12 700MHz、FDD B13、FDD B17 700MHz、FDD B18、FDD B19 800MHz、FDD B2 1900MHz、FDD B 19 800MHz、FDD B25、FDD B26、FDD B28 700MHz、FDD B29 1800MHz、FDD B32 1500MHz、FDD B4 1700MHz、FDD B5 850MHz、FDD B66、FDD B7 2600MHz、FDD B8 900MHz、TDD B34 2100MHz、TDD B34 2600MHz、TDD B38 1900MHz 、TDD B40 2300MHz、TDD B41 2500MHz
表示画面解像度:2k + 3120 x 1440
画面サイズ:6.67インチ
画面タイプ:AMOLED、Corning Gorilla Glass
カメラ絞り:f / 2.4
オートフォーカス:はい
バックカメラ:48.0MP + 16.0MP + 8.0MP
カメラの機能:顔の美しさ、顔の検出、パノラマ撮影、笑顔の捕獲、笑顔の検出
カメラの種類:トリプル後部CaremasとOne Front Camera
Front camera :電動ポップアップ16 MP
タッチフォーカス:はい
ビデオ録画:2160P
メディアフォーマットMSオフィスフォーマット:エクセル、PPT、ワード
ミュージックフォーマット:AAC、AC3、AMR-NB、AMR-WB、APE、FLAC、M4A、MP3、OGG、WAV、WMA
画像フォーマット:BMP、GIF、JPEG、JPG、PNG
ビデオフォーマット:AVI、FLV、H.265、MKV、MP4、TS、WMV
その他の機能その他の機能:3G、4G、FM、GPS、重力検知、MP3、MP4、WAP、WiFi
Bluetoothバージョン:Bluetooth 5.0
FMラジオ:はい
Google Playストア:はい
I / Oインターフェース:2 x Nano SIMスロット、マイク、スピーカー、タイプC、タイプCオーディオ出力ポート
防水/耐水性:いいえ
センサー:加速度センサー、周囲光センサー、Eコンパス、ジャイロスコープ、近接センサー
電池バッテリー容量(mAh):4000 mAh
バッテリーの種類:取り外し不可
パッケージ内容バックケース:1
携帯電話:1
中国語マニュアル:1
スクリーンプロテクター:1
SIMニードル:1
ダッシュクイック充電器アダプター:1
ダッシュType-Cケーブル:1
寸法と重量商品の重量:0.2060キロ
パッケージの重量:0.6250キロ
商品のサイズ(L×W×H):16.26×7.59×0.88 cm / 6.4×2.99×0.35インチ
パッケージのサイズ(L×W×H):19.00 x 10.00 x 6.00 cm / 7.48 x 3.94 x 2.36インチ

スポンサードサーチ

開封

開封時の動画

画面内指紋認証の様子や、ポップアップカメラを動作させているので、気になる方はご覧下さい。

つかってみて

スペック

ベンチマーク結果

OnePlusのフラッグシップモデルさすがの性能ですね

最新のゲームでも問題なく動きます。(ぼくはスマホでゲームはしないですが・・・)

筐体

筐体は美しいです。

本体のカラーはNebula Blueで暗めのマットな青色です。背面はすりガラスのようになっており、肌触りはさらさらしています。滑って落とさないように気をつけたい感じ。

 

ディスプレイはエッジが湾曲しており、見た目は画面の占有率がとても高く、かっこいいです。エッジディスプレイでよく言われる誤タップについては裸で使っているとたまにあります。カバーを付けて使用するとほぼなくなりました。

トリプルカメラが背面中央についており、出っ張っているいわゆる出目金です。裸で置くとカメラに負担がいきそうで怖いのでカバーを付けています。ただ個人的には、スマートフォンは裸で使える前提で作って欲しいですね。

面一で作れたら本当に最高のデザインなのですが。

本体の重さはおおよそ206gあります。これは正直言って重いですね。これまで持っていたOnePlus 5Tは162gでしたので、かなりの増量になっています。

最近は慣れましたが、替えたての場合は気になるでしょう。

カメラ

写真

寂れた公園に行って撮影してきました。天気が良かったらよかったのですが、梅雨の時期でずっと曇っているのでコンディションはそれほどよくありません。

どうせなら青空と共に撮りたいので、晴れたらまた撮りに行きます!

  • 解像度:3200 x 2400
  • 撮影情報:1/100 秒。 f/1.65 4.755 mm

View post on imgur.com

View post on imgur.com

View post on imgur.com

View post on imgur.com

View post on imgur.com

本当に綺麗に撮れますね。もうコンデジはいらないようになったと感じます。

下手したら一眼レフレベルの写真が撮れているのではないでしょうか。

夜間撮影

本当にたまたまなのですが、夜間(真っ暗)にUFOを発見!

真っ暗な中撮ってみました。肉眼では星のようだったのですが、こんなにはっきり見えるとは!

夜中なのに青空や雲がはっきりと見えるのは驚きです

View post on imgur.com

▼肉眼ではこんな感じに写ってます

View post on imgur.com

動画

動画撮影では4K 60fpsで撮影可能です。

曇っていたのでコンディション的には微妙ですが、テスト撮影してみました。

今度は晴れたときに撮影したいと思います。

その際にはフォーカスのテストもしてみたいと思います。

スポンサードサーチ

まとめ

OnePlus史上最高価格のスマートフォンとなったOnePlus 7 Proですが、満足度も史上最高のものとなりました。

重さなどの不満点はあるものの、全体的な完成度はとても高く価格以上の満足感があります。

以前はOnePlus 5Tを使っていましたが、着実な進化を遂げていました。

購入

GearBest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です