ガジェット実機レビューを行っています。提携やレビュー依頼も募集中です。

【初心者向け】Unity Hubが便利すぎる!

Unityでプロジェクトごとに様々なバージョンを使用していると、ごっちゃになってややこしくなります。それを一括して管理できるUnity Hubという機能があります。
本日は画像付きでインストール方法を紹介します。

 

ダウンロード

まずはインストーラーのダウンロードです。
下ボタンからUnity Hubをダウンロードしましょう

UnityHubSetup.exeがダウンロード出来たらインストールに移りましょう。

インストール
契約書を読み同意するを選択
インストール先のフォルダを選択
基本的にはそのままで良いです。
インストールはすぐに終わります
アカウントを持っている場合は[Sign into my existing account]からサインイン
アカウントを持っていない場合は[Create a Unity ID]からサインアップ
ログインができたらライセンスの選択です。
個人利用の場合は無料のUnity Personalを選択します。
個人利用で、年間10万ドルの売り上げ、または10万ドルを超える資金がない場合は一番下
ライセンス認証が終わるとこのようなページになります。
プロジェクトプロジェクトを作ったり、開いたり
Learnチュートリアルなど
InstallsUnityをインストールできる

InstallsのDownloadから目的のバージョンをダウンロードしましょう。
On my machineにはインストールされているUnityのバージョンが表示されます。
Official Releasesでは正式リリースされたバージョンをダウンロードできます。
Beta Releases ではベータ版のダウンロードができます。

おすすめは末尾にLTSとついているバージョン
長期サポートされるという意味です。
VRChatにはUnity 2017.1.5f1を使います。(2019/01/04現在)
Downloadを押すとコンポーネントの選択をします。
特にこだわりのない場合はそのままでOK
Androidアプリを作りたい場合などは下のPlarformsから選択できます。
プロジェクトを作成
右上のUnity Versionから好きなバージョンでプロジェクトを作ることができます。
UnityHubからプロジェクトを開けば、そのバージョンで開くことができます。

これまでUnityでプロジェクトごとに使っているバージョンが違う場合は、そのバージョンのUnityを起動してしないといけなかったが、Unity Hubではバージョンを設定すれば自動で目的のバージョンのUnityを起動してくれる。

チーム制作やVRChatなどで決められたバージョンを使わないといけないなどの場合にとても便利な機能です。

宣伝

最後までご覧いただきありがとうございました。
ほしいものリストを公開しています。支援していただける方は下リンクからどうぞよろしくお願いいたします。

ほしいものリスト
勉強用ほしいものリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です